NGT山口真帆の暴行事件にメンバーが関与していた?事務所の対応は?

2019/01/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして、「気まぐれ、情報発信ブログ」の運営者の前田です。イベントや映画など気になった情報をお届けをしていきたいです。さらに50歳代目前ですが、最近始めた趣味の一つにトミカ収集が加わりました。子供と一緒に遊んでいるうちに私がはまってしまいました。トミカに関する情報は私自身が経験していますので、有益な情報ばかりだと自負しています。これからも宜しくお願い致します。

残念なことに、アイドルグループAKB48の姉妹グループで新潟を拠点に活動しているNGT48のメンバーの山口真帆が自宅で襲われた事件では、本人の心境は複雑な気持ちでいっぱいであると考えられます。

しかし、事件から1ヶ月経っても周りの変化がないことに対する苛立ちから、2019年1月8日の夜に自身のツイッターで事件に巻き込まれた事について告白した事で世間は大変な騒ぎとなってしまいました。

そこで、山口真帆が色々な思いを募ったツイッターでの告白から次々と明らかになっていきました。

NGT山口真帆の暴行事件にメンバーが関与していた?

2019年1月9日では、NGT48を運営するAKS(東京都千代田区)は「担当者が不在で対応できない。事実関係を確認している」としてこの事件については話さえなかったです。

しかし、2019年1月10日の夜にはこの様に発表しました。

「山口真帆に関わる一連の騒動についてのご報告」との題名で、AKSはグループの公式ホームページに文章を掲載しました。

「皆様にご心配とご迷惑をおかけしておりますことをお詫(わ)び申し上げます」と謝罪しています。

さらに、逮捕された2人の他にもいると発表しています。

「実行犯ではありませんが、この事件に関与していたファンの男1名も運営側で確認されました」と説明しました。

「(山口さん以外の)メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました。運営としては引き続き本件についての確認を続けてまいります」とのことです。

山口真帆を襲わせて卑劣な行為をする内容ではなかったので一安心ですが、事件が起きてから1ヶ月間は何をしていたのだろうかと疑問が沸いてくるコメントでした。

多少の関与が認められる事を事務所であるAKSが把握していたのなら、本人に伝えても良かった気がします。

個人名が出ることに後ろめたくても、山口真帆自身との話し合いは十分にしていても良かった気がします。

NGT山口真帆の対応は?

ツイッターで大変勇気ある行動から、一夜明けた2019年1月10日には「3周年記念スペシャル公演」のイベントが開催されていました。

このイベントにも山口真帆は出演し、声を震わせながらこう話をしています。

「このたびはたくさんお騒がせしてしまい、まことに申し訳ありません。先日もお伝えしたとおり、私にも守りたいものがあったからこのような形で皆様に伝えることになってしまったことも、お世話になっている方々たちにも迷惑をかけることになってしまったこと、本当に申し訳なく思っております」

との事です。

さらに、「(所属事務所の)AKSの方とも話し合えて、これがきっかけとなって、またNGT48が新しい方向に向かえるように、私もチームGの副キャプテンとして、努力したいと思います。引き続き、NGT48の応援をよろしくお願いします」

と続けました。

本当にに勇気ある発言と行動には頭が下がります。

やはり、ここまでやらなくてはいけない状況は、自分だけではなく、メンバーの副キャプテンという重い役割もあり、NGT48を今後も守っていかなければならない宿命からの行動だったと思います。

この気持ちに少し早く答えていれば、ここまで騒動は起きなかったかもしれませんね。

※画像はイメージです。

NGT山口真帆の暴行事件から事務所の対応は?

逮捕された2人はもちろんですが、関与していたという、もう一人のファンついては、事務所であるAKSがこう話をしています。

「グループ内での公演、握手会、イベント等へは一切参加できない対応をしております」と決定しました。

さらに、今後は全グループメンバーへの防犯ベルの支給、自宅への巡回などの対策を徹底していく事を約束しています。

ここまでする必要があるのかと思うかも知れませんが、やはり自分のところの大事なアイドルを常に守っていること、守っていかなければならない義務であると思います。

特にAKBグループはファンにかなり近くに寄り添ったアイドルだと思いますので、このファンに寄り添う気持ちは忘れないで、続けて頂きたいと思います。

山口真帆本人に対しての対応は?

山口真帆は精神的なショックを受けていると言っています。

今回の暴行事件について「本人から公表する形になってしまったことは、本人やファンの皆様への説明や対応が不十分だった為」と反省をしています。

今後は「メンバーとの信頼関係を築き、山口真帆をはじめ全メンバーの精神的ケアを、スタッフ一同全力で行っていく所存です」と説明しました。

ここから、立ち直っていけるような真摯な対応を期待したいですよね。

まとめ

4年前にも、AKBの公演後の握手会で、運営スタッフがファンから刃物で刺される痛ましい事件がありました。

それから月日が経ちましたが、AKBグループだけではなく、他のアイドルでも同じようにファンからの暴行を受けて大変な怪我をされたこともありました。

この時は事務所などが存在していたかは不明ですが、ファンありきのアイドルやグループですが、ファン一人の思い過ごしから事件となるような行動には発展して欲しくはないですよね。

ましてや、怪我を負わす卑劣な行為は許せない気持ちです。

山口真帆の暴行事件から、二度とこの様な事件や怪我が起こらない様に事務所の対応に期待したいです。

◆山口真帆が襲われた事件はどうして発覚したのか?メンバー内の仕業?

最後まで読んで頂きありあがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして、「気まぐれ、情報発信ブログ」の運営者の前田です。イベントや映画など気になった情報をお届けをしていきたいです。さらに50歳代目前ですが、最近始めた趣味の一つにトミカ収集が加わりました。子供と一緒に遊んでいるうちに私がはまってしまいました。トミカに関する情報は私自身が経験していますので、有益な情報ばかりだと自負しています。これからも宜しくお願い致します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 気まぐれ、情報発信ブログ , 2019 All Rights Reserved.