アジア大会2018金メダル井上大仁さんが妨害?バーレーンからの物言いとは?

2018/11/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして、「気まぐれ、情報発信ブログ」の運営者の前田です。イベントや映画など気になった情報をお届けをしていきたいです。さらに50歳代目前ですが、最近始めた趣味の一つにトミカ収集が加わりました。子供と一緒に遊んでいるうちに私がはまってしまいました。トミカに関する情報は私自身が経験していますので、有益な情報ばかりだと自負しています。これからも宜しくお願い致します。

こんにちは、前田です。

連日、アジア大会2018のジャカルタでは大いに盛り上がりを見せています。

特に競泳ではスーパー女子高校生の池江璃花子選手が何個も金メダルを獲得し、2020年の東京五輪でも金メダルを獲得してくれると期待しています。

そんな中、男子マラソンが8月25日に行われ、井上大仁(ひろと)さんが金メダルを取りました!

 

2時間18分22秒で1位の金メダルです。

そして、日本勢のメダル獲得は32年ぶりでした!

1986年のソウル大会の中山竹道選手以来です。

 

25歳でまだ若いので2020年の東京オリンピックでも男子マラソンで選ばれればメダルも期待できます。

さらに日本歴代4位(2時間6分54秒)の好成績を残しています。

 

アジア大会2018の男子マラソンの内容は?

この蒸し暑さを考慮してか、最初はスローペースで展開されていましたが、25キロ過ぎ辺りから先頭集団が出来始めました。

この25キロまでは園田選手が引っ張って来ましたが、37キロ過ぎからエルアバシ選手(バーレーン代表)がペースをつかみ出します。

これに井上大仁(ひろと)選手はついて行きました。

競技場に入る頃には、二人は並んで入っていきました。

さらに、最終局面を迎えた競技場のトラックではデッドヒートを繰り返し、最後の200メートルはお互いが最後の力を振り絞ってのまれに見るゴールシーンでした。

物言いが出た場面は?

金メダルが取れた井上大仁(ひろと)選手ですが、ゴール直前で2位のエルアバシ選手(バーレーン代表)と接触していました。

最後の直線200メートルでお互いに譲らない展開となり、100メートル辺りで井上大仁(ひろと)選手の内側(左側)から追い抜こうとしたエルアバシ選手(バーレーン代表)が接触しましたた。

そこでエルアバシ選手(バーレーン代表)は井上大仁(ひろと)選手に当たった直後に転びそうになる感じで少しよろめき失速しました。

この接触が原因が後味の悪い結果に繋がったということです。

バーレーン側から物言い

ゴール直前100メートル付近で井上大仁(ひろと)選手と接触したことでエルアバシ選手(バーレーン代表)が押しのけたれたとの物言いをしました。

しかし、残り100メートルで井上大仁選手がわずかにリードをして、その内側(左側)から追い抜くのは難しいと判断されて却下されています。

確かに、追い抜くのにも必死ですから、前を走っている選手一人分を外から抜くとなると、さらに体力が必要ですよね。

でも、何回もこのシーンを観ますと、エルアバシ選手(バーレーン代表)が内側から井上大仁(ひろと)選手を追い抜こうと右手の甲で井上大仁(ひろと)選手の左腕を払う感じで自ら当たってしまい、よろめいて転びそうになってしまっています。

そこから失速して、井上大仁(ひろと)選手から離れてしまい、2位で通過しました。

まとめ

「どっちが勝つんだ?」と息を呑みながらデッドヒートを最後までて展開されていた男子マラソンですが、後味が悪い結果となってしまったのは事実です。

しかし、アジア大会2018の男子マラソンは8月25日に行われ、マラソンの環境が2020年の東京オリンピックを想定できる感じです。

実は、アジア大会2018がジャカルタで開催されていて、その日の朝6時では気温が26度で湿度が80%です。

ちょうど、8月末の東京と同じ環境でしたから、アジア大会2018で出た結果は2020年の東京オリンピックに繋がると思います。

ですから、2020年の東京オリンピックでも、男子マラソンにはメダルが大いに期待できます。

最後まで読んで頂きありあがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして、「気まぐれ、情報発信ブログ」の運営者の前田です。イベントや映画など気になった情報をお届けをしていきたいです。さらに50歳代目前ですが、最近始めた趣味の一つにトミカ収集が加わりました。子供と一緒に遊んでいるうちに私がはまってしまいました。トミカに関する情報は私自身が経験していますので、有益な情報ばかりだと自負しています。これからも宜しくお願い致します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 気まぐれ、情報発信ブログ , 2018 All Rights Reserved.